英国出張記2002冬 (2002年1月26日~2月7日) | 英国雑貨専門店ブリティッシュ・ライフ

2020/04/12 09:28

 今回の出張は、12泊14日の旅で英国内で2つの「フェア」を視察する事となり、毎日1万歩以上は軽く越えていました。フェア以外では、レンタカーを借り約900マイル(約1,440キロ)走り、計5社を訪問しました。
※私個人としましては、今回で英国出張は7回目となります。


<1月26日>
 成田空港~スキポール空港(オランダ アムステルダム)までKLMの飛行機で約11時間。その後、なんと4.5時間の乗り換え待ちを、スキポール空港で過ごしてKLM-UKでグラスゴーへ約1.5時間。その日は、事前に予約しておいたグラスゴー市内のホテルに宿泊。


<1月27日~28日>
 2日間グラスゴーでフェアを視察。数社と取引成立し、新商品をゲット!
28日はひどい強風「ゲイル(Gales)」でフェア会場を出るとき、出入口から約7~8mのところでベビーカーを押していた若い夫婦が必死に堪えていたのです。そう!飛ばされないように。しかしベビーカーは風当たりが強く中の子供ごと3mぐらい飛ばされました。見ていた2~3人の男性が助けましたが、私は怖くて外にも出られませんでした・・・。


<1月29日>
 事前に予約済みのレンタカーをグラスゴーにてピックアップし、エディンバラ~ボーダー地方の取引先を数社訪問。高速道路で移動中、大型トレーラーが倒れていました。たぶんゲイルがやったのでしょう・・・。

 ここのところ毎年利用している「ドライバラホテル(Dryburgh Hotel)」に宿泊。このホテルはおすすめですよ!ちょっと隠れた静かな場所に位置し、広い敷地の中にはパターゴルフも楽しめ、すぐ脇には川が流れているのでフィッシングのお客も多いそうです。


<1月30日>
 ボーダー地方の取引先1社をまわってから、ヨーク地方へと車を走らせました。ヨーク地方のダーリントン(Darlington)という小さな町のホテルで宿泊。


<1月31日>
 1取引先を回りつつ、ストーク・オン・トレント(Stoke-on-Trent)の町に向かったのだが・・・。取引先の方に言われたとおり車を走らせると、人っ子一人見かけない細い道を2時間程ひたすらいくと、ようやく高速(M6)に出られた。羊しかいない世界にでも迷い込まされた!のかとちょっと心配になりました。

 ストーク・オン・トレント泊。

<2月1日>
 陶器の町ストーク・オン・トレントにて、有名な陶器工場やファクトリーショップを見て回りました。
 さらにM6を南下し、コヴェントリー(Coventry)泊


<2月2日>
 いまさら冬物を求めて取引先へ訪問。すでに今年のセーターが全く無くなってしまい、少量ではあるが仕入れました。
 午後は時間があったので、コヴェントリーの町を散策。駅から4~5分の所に巨大なショッピングセンターがありました。小さな町かと思っていたら以外や以外!かなりのショッピング街でしたよ。


<2月3日~6日>
 丸4日間フェアを見歩き、足は棒状態。しかしその成果も多少あり、新商品を発掘できました。


<2月7日>
 バーミンガム空港~スキポール空港~成田空港までKLMの飛行機で約1.5+10.5時間。帰りのトランジットは1時間ぐらいだったので逆にあわただしく乗り換えをおこないました。乗り換え時間は、せめて2時間ほしいですね。でも有りすぎてももんだいですが・・・。

<2月8日>
 無事成田到着。