英国出張記2007夏 (2007年6月28日~7月6日) | 英国雑貨専門店ブリティッシュ・ライフ

2020/04/12 13:28

 街全体が世界遺産のソルテア スコットランド~マンチェスターの出張のはずが、出発直前の商談で一部変更となり、なんと車でスコットランド~ロンドンを往復することになりました。事前に予約した車は、そんなに移動距離もないと思い、小型車(Fiat社Punto1.2)でしたが、約1週間で合計走行距離約1,420マイル(約2,272キロ)走りました。また、今回はあまりにもハードな旅となってしまい、ほとんど写真を撮ることが出来ませんでしたので、最終日の前日に訪れた世界遺産の写真をご覧下さい。

 ※私個人としての英国出張は17回目となりました。


【6月28日(木)】
 成田空港~スキポール空港(オランダ)をKLMで約11時間の飛行。乗り換えをして、エディンバラ(Edinburgh)空港へ1.5時間。予定どおり19時頃にエディンバラ空港に到着し、レンタカーを借りて予約していたパース(Perth)のホテルまで、M90で約1時間の夜のドライブ。夏のスコットランドの夜はナカナカやってこないので、夜のドライブといっても明るかったです。パース市内泊。


【6月29日(金)】
 パース北部で午前中に2社を訪問しました。今日の予定は「運転」という仕事でビッシリ詰まっていて時間がないため、2社目で誘われた昼食もやむなく丁寧にお断りをしてから、車に乗り込んだのがお昼の12:30頃。さーっ!これから、ロングドライブです。ロンドンの手前にある町ノースハンプトン(Northampton)にホテルを予約済み。そこまで、なんとか辿り着けるよう安全運転で出発です。A9~M9~M80~A80~M73~M74~A74(M)~M6~M1・・・・・アクシデントもなく、4回の休憩をはさみ辿り着きました。到着したのは約8時間後の20:30過ぎ。


【6月30日(土)】
 ロンドン市内で10:30の待ち合わせに間に合うよう、朝8:00に出発。M1で市内まではすんなり行けましたが、前日に車爆弾未遂事件があったこともありロンドン市内は交通規制だらけでした。なんとか予定どおり美術館を訪問。商談終了後、交通規制が厳しい影響で大渋滞のロンドン市内を抜けて、次の訪問先コベントリーへM1~M6。少し予定より遅れて16:30に2社目を訪問し、終わったのが18:30。本日はウォーリィック大学(University of Warick)でPHD取得を目指している勤勉な旧友宅へ訪問し、宿泊させていただきました。


【7月1日(日)】
 さあ!今度はスコットランドへ戻ります。10:00に旧友に別れを告げ、コベントリーを出発。実は昨日、グラスゴー空港で車が爆破!またもや危険地帯へ近づこうとする自分に、思わず笑いが出てしまいました。一昨日の疲れのせいか、1時間運転したところで早速休憩。その1時間後に睡魔がきたので、また休憩し30分程度仮眠。その後、雷を伴う豪雨がきたと思ったら晴れたり、また雨が降ったりなど、すごく天気の不安定な中、M6~A74(M)~M7~M73・・・。予約していたハミルトン(Hamilton)のホテルには18:30に到着。


【7月2日(月)】
 市内は特に問題がなかったグラスゴーで4社を訪問。1社目の訪問先の社長が昨日、サマーホリデーで旅行していたフランス南部から帰ってきたそうです。現地からグラスゴー空港に飛ぶ飛行機はなく、マンチェスター空港へ飛んで帰ってきたそうです。4社目が終わったのが18:30過ぎ。グラスゴーから本日の宿泊地まで、M8~A720~A68と進み、スコットランドのボーダー地方では恒例のドライバラ・アビー・ホテルに宿泊。


【7月3日(火)】
 ドライバラ・アビー・ホテルの素晴らしい朝食をいただいてから、ボーダー地方(Borders)で3社を訪問。セーターを仕入れていた1社目は、今月で工場を閉鎖するとのこと。また新たな仕入れ先を探さなくてはならなくなりました。2社目は大変お世話になっているロッキャロン社です。弊社の担当者が来年3月で定年退職されると聞き、残念な思いでいっぱいです。しかし今回も優れた商品をご提供いただきました。入荷は9月を予定しております。3社目の訪問先へ約束どおり14:00に行くと、これまた残念なことに担当者のご家族が急病で午前中に病院へ行ってしまったとのこと。親切にも代理の方と商談させていただきました。15:00にスィルカーク(Selkirk)を出て、今日も天気が悪い中、A7~M6~A65~A629~A650を通り、ブラッドフォード(Bradford)で宿泊。


【7月4日(水)】
 午前中に、リーズ(Leeds)近郊にある工場を訪問し、お昼前には終了。午後にブラッドフォード北部にある世界遺産の街「ソルテア(Saltaire)」を見学しました。英国の世界遺産訪問はこれで16カ所目となりました。その後、A650~M606~M62~M60~M56を経て、マンチェスター(Manchester)空港内のホテルへ向かいました。前日までテレビでも見てはおりましたが、テロ影響で英国内の全空港はテロ警戒レベルが最高の「クリティカル(危機的)」になっており、当然、同空港もターミナル内に車が入れない状態になっていました。空港内のホテルにチェックインし、小さい車で長旅を共にしてくれたレンタカーを返しました。


【7月5日(木)】
無人駅入り口には切符の自動販売機のみ 日本が恋しくなってきました。マンチェスター空港内のターミナル前へは、厳戒態勢でホテルからの送迎バスも入れないので、重い荷物をきひながら徒歩で空港へ約10分。マチェスター11:30発KLM~スキポール13:50着,スキポール15:20発KLM~。


【7月6日(金)】
 朝9:45頃、成田に無事到着。